看護教育体制

 

看護部では看護教育部を設けており、専従の看護師長を配置し、卒後教育の充実を図っています。 各部署の教育委員からなる教育委員会が中心となり、さまざまな教育プログラムの企画運営をしています。

 

病院の理念を象徴する「with you」は、教育方針にも反映されています。看護職員が立てたキャリアアップ計画を大切に、患者さん中心の視点で、自律的に思考・判断・行動する態度を養うことなどを基本としています。

 

教育目標

1.    信頼される看護を実践できる人材の育成を目指します。
2.    患者さんのQOLの維持、向上を目指し、看護 の質向上のための能力開発支援と効果的な教育研修を行います。
 

 

教育方針

1.    看護職員が立てたキャリアアップ計画を大切にする。
2.    自律的に思考・判断・行動できる看護師としての態度を養う。
3.    学習方法としての OJT(On the Job Training)と Off- JT(Off the Job Training)をバランス良く組み合わせ、知識と技術を習得するためのトレーニング及び看護師自身が自分の能力を引き出していけるような教育を重視する。
4.    優れた臨床実践モデルとなるリーダーの育成を推進する。
5.    あらゆる能力レベルや専門領域に応じた学習の機会を提供する。
 

教育体制

1.    当院では、以下を目的として、キャリアラダ―を導入しています。
2.    看護師の能力開発の動機付け・自己成長の目標とする
3.    教育ニードの査定
4.    人員配置のための資料
5.    人事考課
 

 

三宿病院 ラダ―別看護教育プラン

クリックすると拡大します。

ページ 1.jpg

 

Copyright© 2013 MISHUKU HOSPITAL ALL RIGHT RESERVED