看護教育について

目的

看護部理念の「よりそい、ささえる看護」を提供するために「安全な看護」「温かみのある看護」「気配りのきいた看護」を3つのキーワードとして、キュアとケアをバランス良く自ら能力を向上していける看護師の育成を目指しています。

目的のイラストイメージ

教育方針

  • 看護師自身が人間性を磨き、成長することや専門職としての自律を支援する
    救急から在宅まで看護の様々なステージを経験し、実践できる看護師を育成する

KKRラダー

当院では、国家公務員共済組合連合会(以下KKRと略す)共通のKKRラダーを活用しながら、 実践の場でのOJTと院内・院外研修をリンクさせて看護部全体で看護教育に取り組んでいます。

KKRキャリアラダーイメージ図

教育目標

  • 1
    患者さんや家族の価値観、生活スタイル等を理解し、患者さんのために他職種と協力して看護を実践できる
  • 2
    専門職として知識や技術の研鑽に努め、高い倫理観を培い、三宿病院の職員として自覚と責任をもって日々の看護を実践できる
教育目標イメージ

特徴ある研修

  • 訪問看護研修

    訪問看護師と同行し、在宅生活の実情や関わる看護の実際を知り、退院後を見据えて入院生活を支援することや退院調整に役立てるなど、看護の視野を広げることができます。

  • e-ラーニング(ナーシング・スキル日本版)

    看護技術を動画とe–ラーニングで確認・習得できるオンラインツールとしてナーシング・スキル日本版を導入し、当院の看護手順書として活用していきます。

  • KKRシミュレーション・ラボセンター研修

    当院は国家公務員共済組合連合会シュミレーション・ラボセンターの運営参加病院です。
    ラボセンター開催のAHA BLS、AHA ACLS、救急医学会ICLS、安全管理者研修、患者急変対応コースなどを受講することができます。

    KKRシミュレーション・ラボセンター

e-ラーニング/KKRシミュレーション・ラボセンター研修イメージ
e-ラーニング/KKRシミュレーション・ラボセンター研修イメージ
pagetop